ハードディスクレコーダーの概要



ハードディスクレコーディングシステムは、従来のオープンリール式テープまたはカセット マルチトラックシステムの代わりに相当し、テープレコーダーでは得られない編集機能を提供する。単体機と、コンピューター上で動作するソフトがあるが、どちらでも通常はデジタルミキシングと音声信号の処理機能を提供する。 1980年代より以前、大部分のレコーディングスタジオはアナログマルチトラックレコーダー、一般的にはオープンリール式テープを利用していた。1980年代から1990年代にニューイングランドデジタル社はハードディスクレコーディングシステムを提供し、映画のポストプロダクションのような限定された用途において地位を確立したものの、高いコストと限られたディスク容量のため規模の大きなレコーディングスタジオの利用に限られていた。

その後コンパクトディスク市場の成長でデジタルレコーディングは製造メーカーによる開発の主要分野となる。いくつかの製品が1980年代後期から1990年代初期にリリースされた。オープンリールにおいて、またより扱いやすいビデオカセットにおいても、多くは継続してテープを使用した。しかし1990年代中頃までにはハードディスク価格の安定した低下、容量の増加と小型化が進み、ハードディスクレコーディングシステムのコストはさらにより小さなスタジオの為に導入可能な程度に下がった。いくつかの他のタイプのデジタルレコーダー(ADAT、DTRSなど)がなお使用されてはいるが、スタジオレコーディングにおいてハードディスクシステムは急速に一般化した。 ハードディスクへのオーディオレコーディングの1つの大きな長所は、ノンリニア編集を可能とすることである。音声データはランダムアクセス出来、非破壊編集が可能である。つまり、元の素材はどんな方法にせよ変化しない。とはいえ、ノンリニア編集がすべてのハードディスクレコーディングシステムに備わっている訳ではなく、異なる手段を提供するメーカーもある。またハードディスクレコーダーにはテープベースのシステムと比較してハードディスクレコーダーの耐久性の低下、容量の限界によるディスクの交換に比較的高いコスト必要とするなど、多少の欠点がある。 ハードディスクレコーダーは、しばしばデジタルミキサーと一体化され、デジタルオーディオワークステーションのひとつの機能として備わる。このタイプは複雑な処理を自動化することが出来るため、レコーディングエンジニアはミキシング作業から解放された。

また近年はパーソナルコンピュータを適切なソフトウェアによってハードディスクレコーダーとして使用することが可能となり、より柔軟なインターフェースをスタジオエンジニアにもたらした。 どのようなハードディスクレコーディングシステムも、ディスクサイズ、転送レート、プロセッサスピードが大きな制約となる。過去一部のシステムはディスクサイズと転送レートの問題を解決するため非可逆デジタル音声圧縮を使用していたが、ハードディスク容量の急速な増加と低コスト化が進んだ結果そのような製品はなくなった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


[PR] 【保健師 服装】

おすすめリンク集


ピアノ練習.com -初心者の練習方法など-

セールスレター例文@ランキング

競馬予想ソフト@人気ランキング

面接対策@人気ランキング

速読術トレーニング・方法@人気ランキング

育毛剤・発毛剤@人気ランキングNAVI

セックス(SEX) 仕方・やり方@人気ランキング

【ロト6予想・攻略法@情報館】確率・攻略の謎をとく

英語 勉強法@人気ランキング

パチンコ必勝法@人気ランキング

TOEIC勉強法@人気ランキング

TOEIC 勉強法@ランキング|TOEICのスコアアップで結果を出す!

不妊治療@完全ガイド -妊娠したい方へ-

キャバクラ嬢(キャバ嬢)口説き方・落とし方@人気ランキング

脱毛クリーム@人気ランキング

風俗嬢の口説き方・落とし方・付き合い方@人気ランキング

初心者のためのオンラインカジノ 【必勝法・攻略法】

ダイエット茶@人気ランキング